プラレールの終点

 子供部屋にプラレールを作り列車を走らせています。
 時々コースを作ってあげたりしますが、
 私はあまり作らないで見てます。

 はるちゃんがコースを作っていると決まって、あきちゃんが
 邪魔しています。途中で壊されてはるちゃんが怒ってます。
 ・・・・まあ頑張って。

 そうこうしてコースが出来ると、はるちゃんが呼びに来ます。
 「ママー。見てみて出来たよー。」
 実に自慢そうに見せてくれます。

 「いいねー。走らすよー。みててねー。」
 新幹線が走り出します。
 ガコガコ線路にぶつかりながら、実に新幹線らしからぬ走り。
 乗っていたら、不快だろうねー。

 新幹線はレールのつなぎ目に苦戦しながら、
 走っていきます。微妙な登り坂、急勾配もあります。
 
 とどめに線路が切れてます。
 新幹線は脱線してそのまま走り続けます。

 あきちゃんのお尻に衝突して止まりました。
 ガガッガーなんて音を立ててますが、
 あきちゃんにつかまって階段から落下。

 行ったきり新幹線。帰っておいでー。 

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック