次男1歳になる

 10月4日・次男あきちゃんが一歳になった。
 早いもので生まれて1年とは・・・。
 
 さすがに子供が3人だと、なかなかあきちゃんだけに構っていれない。
 あきちゃんの世話をしようとしても、すぐ途中で長女ちーちゃんや、
 長男はるちゃんに呼ばれてしまい、あきちゃんは二の次になってしまいます。
 
 しかし次男たくましいの一言。
 姉や兄についていきます。
 まけませんよ。
 叩かれても、突き飛ばされも、めげない。
 何てたくましい1歳児。ハイハイで移動しているのに、
 競争している・・・・。

 さて置いて、1歳の誕生日は盛大です。
 もちをついて、本当は「1歳までに歩いたらもちを踏ませる」
 なんて風習なんですが、歩いたのは長女ちーちゃんだけ。

 はるちゃんもあきちゃんも歩かなかったのですが、
 もちをついてもらい、おんぶさせました。
 1歳児が1升近くの、もちを背負っているのですから、
 ハイハイもしづらそうですが・・・。
 
 食べ物に困ることのないように・・・。
 おかげでものすごい食欲家族ですが。

 続いて、1歳と言えば、
 将来何になるか占いじみたことをします。
 地方によって違うと思いますが・・・・。
 
 お盆の上に将来の職業にちなんだようなものを、並べて
 その子供が自分でつかんだものを見ます。

 並べるものも適当です。
 はさみ(美容師かな)・鉛筆(小説家?)・携帯(通信関係?)
 電卓に、聴診器(医療関係)・お米(稲作?農業)
 お金・・・・ここいらから段々怪しくなります。
 
 みかん?・・・ライオンズの人形?(野球選手・・・ライオンズ限定?)
 おしまいに宝くじ・・・・・意味不明です。{%顔文字?hdeco%}

 さて並んだ物に向かっていくと思いきや・・・。
 みんなの声が気になります。
 それはそうです。大人数です。じーじ、ばーば、じーちゃん、ばーちゃん、
 おじさん・おばさん・いとこ・いとこ・・・・総勢13人(あきちゃん込み)
 
 あきちゃんの行動ひとつに声援が上がります。
 手を伸ばそうとすると「お!何だ何だ?」
 その声に何事かと手を引っ込めてしまいます。
 
 近づいてマジマジを眺めてついに触ったのが、電卓。
 ボタンを人差し指でポチポチ押してみて、
 手にとりました。

 「おー電卓だ。」
 大歓声です。
 電卓って何だろう・・・・。
 銀行員?会計士?事務?  コンビニのレジだったりして・・・。
 バイト?フリーターか!!
 
 そういえば、ちーちゃんは携帯取ったね。
 はるちゃんはお米。 
 道はそれぞれ分かれそうね。

 後は記念にあきちゃんの手形足型を取りました。
 何でも出来ることはしてみて、皆公平にしておかないと、
 大きくなってから、誰の手形がないとか言われたら大変。

 楽しく出来たから良かったね。
 今月は16日がはるちゃんの誕生日だから、
 仮面ライダーキバのケーキを注文してみようかな。
 またケーキを食べないと。

 

 

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック