バッタと子供とママ

 長男はるちゃん3歳9か月・・・・・。
 最近バッタ捕まえに夢中。

 ちょっと外に出ると、草むらに入って、バッタを捕まえる。
 まだ小さい、バッタ捕まえては、虫かごに入れて喜んでいる。
 
 よく捕まえるよね・・・・。
 ものすごく上手に捕まえてくる。

 やめなさいとも言えず・・・。
 「虫かごに入れておきなさい。」
 そう言います。
 餌になるかなと思い、草も毎朝変えてあげているのですが・・・。

 次男あきちゃん1歳9か月。
 これまた、虫かごを眺めてうれしそう。

 しかも虫かごから、バッタを出してくれる・・・。
 それを持ってウロウロあちこちに持って行って、
 忘れてくることも・・・・・。逃げられることもあったりして・・・。

 しばらくすると、家の中にバッタの死骸があるのかも・・・。

 うえー。いやだな・・・。

 実は私バッタには嫌な思い出が・・・・。
 世にも恐ろしい話。

 それは大昔のことです。
 私が幼稚園のころ・・・・。
 園の近くにお友達がおりまして、その子の家にいました。
 
 庭で遊んでいると、それはそれは 大きい殿様バッタが、
 出てきました。

 何を思ったのか、その、殿様バッタは・・・・・
 びょーーーーーん  
 跳ねて、事もあろうに私が着てる、幼稚園の体操服のお腹に!!!

 ガブリ

 ありえなーい。
 そう、服に噛みついただけですが、とっても驚いた私は
 そいつを、ひっぺがそうと体をひっぱりました!

 でかいやつですよ。
 そりゃ、驚きますって、どうなったかというと・・・・。
 ぶちっ。 

 顔が・・・・・取れた。
 ホラー以外の何物でもなくて!
 取れた顔は、 まだ体操服を噛みついたまま、
 ぶら下がっていた。
 
 そして、頭の取れた辺りに、ブラリと下がっている、
 袋状の何か・・・・!目がこっちを見てる。
 ンギャー!  そりゃ泣きますよ。いたいけな幼稚園生です。

 恐怖・恐怖。
 身震いものです。

 そしてさらに・・・・・。 
 ついたままのバッタの頭を、はたき落した私が見たののは!

 頭のないバッタの体が・・・・・・。
 その場で、ピョンピョン跳ねていた。

 よほど怖かったのか・・・、20年以上・・・下手すれば、
 30年近くたった今も、その記憶は鮮明で忘れられません。

 大きいバッタを持ってきたら・・・・・逃げるよ。
 虫かごに入れた日にゃ・・・・・、
 虫かごごと、外に捨ててやる。
 
 バッタなんか嫌いだー!

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック